読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淀川 ~ぼんどんのバス釣り永遠修業中~ 琵琶湖

淀川、琵琶湖及び野池をメインに関西のフィールドを巡るビンボーバサーが発信する釣り情報と釣行記録

ラインの話 各ラインの特徴、オススメ

皆さん、ライン、糸ってコレって決めて使ったりしてます?

 

私は常に模索中です。お気に入りのラインはあるけど、今回はそんなラインのお話です。

ラインは主に3種類の素材があり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

※主にと書いたのはそれの組み合わせたラインもあるからです。

 

1.ナイロン

まずは、ナイロンライン。特徴としては

比重が軽い(水に浮く)、良くも悪くも伸びる、柔らかくスプールに馴染みやすい、安価、紫外線で劣化する。

 

こんな感じでしょうか。

水に浮くのでトップウォーターなんかに向いてます。また、伸びるので、感度が大事な撃ちモノ等には向きませんが、逆に適度に伸びるためクランクベイト等の巻きモノでバイトを弾くのを減らしてくれます。

あと、ナイロンラインでクランク巻いてると根掛かりが少し減ります。

 

理由は⇩

f:id:bondon:20160916204100j:image

下手くそなのは置いといて、青いラインがナイロン、赤いラインがフロロだと思ってください。

ラインの特性上フロロは沈むので引いてくるときにルアーより先にラインがストラクチャーにタッチしてしまう事があります。このためストラクチャーにラインがスタックしてしまい、そこに引っ張られるルアーもスタックしてしまうなんて事が起こるのですが、ナイロンだとラインは浮いているのでまずはルアーがタッチするのでしっかりと回避してきたりするんですね。

 

なので、ナイロンは扱いやすく安価なので初心者、また上記理由により、巻物、トップの釣りにオススメのラインです。

 

私も色んなラインを試してきましたが、今んところ1番オススメはバークレイ/トライリーンZがオススメです。あまりセール等してませんが、そんなに高価でもないですし、私が使ってきたナイロンの中では飛距離が断トツ、伸びも少ない、強い

特に飛距離の面だけでもオカッパリアングラーは一度使っていただきたいラインです。

 

 

 

2.フロロカーボン

続いては最近では主流となっているフロロです。

フロロの特徴としては、比重が軽い(水に沈む)、伸びが少ない、感度がいい、根ズレに強い、ラインが硬くスプールに馴染みにくい、比較的高価、劣化に強い、クセがつきやすい。

こんな感じですか。

ナイロンと比べてどっちが悪いとかではなく一長一短どっちもいいとこ悪いとこがあります。

フロロは根ズレに強く、感度が良いためカバー撃ちなどに向いてます。

 しかし巻いてすぐなどはスプールに馴染んでないためキャストした瞬間スプールからラインが浮いてアフロになったりしちゃいます笑

最近ではフロロしか使わないって人も多いですがオカッパリアングラーは特にですが、ナイロンの方が比重が軽いので飛距離は出ますしやはり適材適所で使い分ける必要があるかな、、と思います。

 

そんなフロロライン。ナイロン程色んなものは使ってませんが各メーカーの主力フロロは大体使ってきた結果、私のオススメはシーガー/R18フロロリミテッドです。

 このラインはフロロの中では柔らかくしなやか、しかし強い。なのでライントラブルが少なくとても扱いやすいラインです。

このラインも弱点はあって、柔らかくしなやかな分他のハードなモノや感度を謳ってるモノに比べると伸びがあるので、感度は劣ることもありますし遠くでかかった時のフッキングパワーも若干伝わりにくくはなってます、感度が大事だ〜って方にはフロロリミテッドハードもありますので試してみては?

あともう一つ、100m巻な所も私的には弱点です笑

昨今のシャロースプール全盛期の時代、シャロースプールには50m×2でええですがノーマルのスプールだと75m巻きたかったりするんですよねー…

150m巻にならへんかなぁ…

ちなみに私はスピニングにはこの4lb、ベイトには12lb巻いてます。ナイロンは14lb巻いてます。

ま、スプール的にアルデバランに14lb巻くと量巻けないからなんですけどね…

 

 

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 12lb

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 12lb

 

 

 

クレハ(KUREHA) ライン シーガー R18 フロロリミテッド 100m 4lb

 

3.PEライン

長くなってきましたが、3つ目はPEライン。

特徴としては、伸びがない、他の糸より3-4倍ほど強い、比重がかなり軽い(浮く)、劣化がほぼない、カバーと触れると糸鳴りがする、高価、ハードカバーとの摩擦に弱く熱に弱いといったところでしょうか。

他の2つより特徴がはっきりしてる印象でしょうか。

 

よく使われるのはフロッグゲームでしょうか。フロッグゲームだとリリーパッドやウィードごとブチ抜いてくる事があるので強い糸が必要になります。

他の2つに比べて細い糸が使えるので私が使ってるサンラインのステューター55lbで他の2つの14lbと同程度の太さなんですねー。驚きですね笑

あとは同じ特性を活かして、オリキンこと折金一樹さんの代名詞?であるパワーフィネスにも使われます。あと日本では余り使われませんがアメリカでは撃ちモノにも使われたりします。

 

また、価格は高いですが劣化しないしそこまでコスパが悪いわけでもないのかなぁとか思ったりします。

PEに関してはまだ出番がそこまで多くなく、語るほどに達してないのでこんなもんにしときます、、

 

 

ま、要は適材適所。その場に合ったラインを使えってことですよ笑