BASSBOND   淀川 琵琶湖

淀川、琵琶湖及び野池をメインに関西のフィールドを放浪するビンボーバサーが発信する釣り情報と釣行記録

ワームの持ち運びってどうしてます??

みなさんこんにちは。

 

少し間が空いていましたが2回短時間釣行には行ってました。

 

結果は謎の巨大魚をばらしたくらい。。。

多分メタルでしゃくった瞬間に重くなったんで鯉のしっぽあたりにでもかかったんだと思います。

 

ドラグ出っ放しで最終エラ洗いみたいにはねられて外れました。。。

 

さて、先日友人からワームの整理整頓や持ち運びどうしてる?なんていう会話があったのでついでに記事にもしてしまおうと思いました笑

 

 

ワーム持ち運びの流派

ワームの持ち運びには主に2つの流派が存在すると思います。

 

①パッケージのまま

②ボックスに移す

 

主にこの二つですよね。

 

じゃあどっちがいいのか…考察してみます。

 

パッケージのまま

 

メリット

まずはパッケージのまま派のメリットを

入れ替えないから楽

これは買ったやつそのままカバンに入れりゃOKなんでそらそうですね笑

 

サイズやカラー名が一目瞭然

パッケージにサイズやカラー名が書いてあるので大体でイイ人はあんま気にしないと思いますが気にする人は助かるかもしれません。

 

私はカラー名とかルアー名とか覚えちゃうタイプなのであんまり気になりません笑

 

在庫管理が楽

パッと見て少ない色やワームがすぐ分かるのでいざという時に無い!!ってことは少ないかもしれません。

 

デメリット

かさばる

最大のデメリットであるかさばるという事実。

同一ワームを何色か、、もうすぐにカバンいっぱいになります。

 

実際、10本も持って行ってもオカッパリで一気にそんなに使うことは無いのでこのかさばりが大敵ですね。。。

 

カバンの中で迷子になる

これは友人が私に相談してきたときに言っていたデメリットです。

袋を何個も入れておくと欲しい時に探す手間が大変なんですよね、、わかる。。

 

 

ボックスに移す

 

逆にボックス派はどうなのか、、

 

メリット

コンパクトに多種を持ち運べる

これが最大にして最強のメリットでしょう。

恐らく移す派の人の多くは10本とか同じワームを持たずに3-5本くらいを何種類何色かずつ持たれてると思います。

 

迷子知らず

基本的にボックスを取り出せばその中に全部入っていますし、ボックス内の区分は自分でしてるはずなんで迷子知らずです。

 

デメリット

面倒くさい

まず、移すの面倒くさいですよね笑

補充も面倒ですし、、それはとても思います。

 

面倒くさがりな人は補充怠っていざ釣り場で無い!ってことになるかも

 

色移り

これが理由でやらない人も多いかも?

素材によっては色が移ってしまいます。ゲーリー素材なんかは色移りするワームで有名ですよね。

最近は色移りしないものも多くなってきましたが、自分の使用ワームが色移りするタイプなら控えたほうがいいかも?一応同色でまとめるとか対策はありますが、、、

 

Feco認証品とかトーナメンターは使えない。

チャプターとかに参戦している人は認証品かどうかパッケージで判断になると思うので使えないですね。

 

入らないワームもある

ロングワームやブリスターパックで型崩れ防いでる奴なんかはそのまま持つことになります。

 

 

結論:どっちもどっち

結論的にいうとどっちもどっちです笑

 

私はボックス移し替え派

私は移し替え派です。

f:id:bondon:20181112102835j:image

こんな感じで絶対に使うレベルの超一軍ワームをボックスに各色3本ずつ入れて持ち運んでます。

 

パウダーフォーミュラつけてたんですけどワーム硬くなるのと色が良く分からんくなるので新しく入れていく分はもうついてないのになってます

 

これプラスその場に応じて2-4パックくらい別で持って行くような感じで落ち着いたてます。

 

子供の足は気にしないでください笑

 

ボックス拡大は

 

f:id:bondon:20181112102849j:plain

 

このケース、この区切り方だと左に5.5in程度まで、右に3in程度までが入ります。 

 

上からグリパン系、ウォーターメロン的な薄い色系、スカッパノンとかの濃い色系で大体分かれてます。

 

ネコが好きなのでストレートワーム多めですが、基本的にはこれで足りてますね。

 

因みにカバン全体だと

f:id:bondon:20181112102844j:plain

 

くらいが入ってます。

あとは外にプライヤーついてたりですね。

 

そして、Vivaとジークラック、NOIKEのワームを多用するんですが (ほとんどその3メーカーしか使いませんが)、Viva製品は使用前にジークラックのS.A.Fマテリアル漬けしてます。

 

https://www.instagram.com/p/Bp_PPfuHRN0/

基本的にビバのワームは封を開けたら中のトレーは捨ててS.A.Fフォーミュラ漬けしてます。個人的にS.A.F有る無しではバイト数が全然違う。#viva #ジークラック #SAF#トレーはかさばるんだよな#変な型付かないように空気しっかり抜いて閉めるのがミソ#キラッチシャッド はトレーのまま

 

あるなし結構変わりますよ。

 

 

みなさんのこうしてるよってのも聞かせてください。

 

ではでは

 

 

ジークラック(GEECRACK) S.A.Fフォーミュラー.

ジークラック(GEECRACK) S.A.Fフォーミュラー.

 

 

10/31 青野ダム ~これが関西屈指のハイプレッシャーレイクの実力か…~

昨日10月31日。

奥さんが快く許してくれたので有給を利用して1日釣行へ行ってきました。

なかなかない機会なのでどこに行くか迷いましたが、結局結構好きなオカッパリフィールド青野ダムへ行く事に。

 

果たしてメジャーフィールド青野ダムは私に微笑んでくれるのか…

 

 

 

朝一は初めてのポイントから。

 

朝奥さんから子供起きてから行ったら?と提案を受けたので承諾し、少し遅めの7時過ぎ出発。

新名神をひた走り現地に着いたのは8時半過ぎ。

少し肌寒さと明るい時間の釣りに喜びを感じながらまずは今まで何度も訪れていた青野ダムながら来ていなかった岡の谷公園?御旅橋のすぐ北側のポイントへIN

 

今日のテーマは「秋のマキモノキャンペーン」

 

ひたすらマッジーバイブを巻き続けたい。

 

https://www.instagram.com/p/Bpk8IpWH4L5/

今日は一日青野ダム#巻きまくる#つもり#青野ダム#秋のマキモノキャンペーン

 

そう思いながら遠投しひたすら巻き続けるも無反応。回ってきてないのかいないのか。

それともじゃらじゃらうるさすぎるのか…。

 

でも今日の私は現場にアジャストよりもこのルアーにアジャストした場所を見つける戦法なので移動。

 

信頼と安心の尼寺公園

続いて自分の中での信頼と安心の尼寺公園へ。

 

インレットは水も少ないのでクリークではなく本湖側を広くチェキ

f:id:bondon:20181101091417j:plain

 

無反応のためサクッと移動

 

水中島

 

次は加茂山第3公園辺りにある水中島

基本はバイブレーションを投げましたがメタルバイブでもチェック。

 

水中島をリフト&フォールしてみるも反応はなし。。。どこにおるんや。

 

f:id:bondon:20181101091421j:plain

 

 

 

もうどうしたらいいのか…ダムサイト付近へ。

 

一気に最下流のダムサイトに移動。

ここで初めて釣り人発見。

カップルとオイルフェンスをずっと巻いてるお兄さん。

 

私も適当に入りバイブレーションをひたすら巻き巻き。

沖のブレイクを意識しながら回遊おらんかなぁ、、巻き巻き。

 

遠足の小学生軍団にほのぼのしながら巻き巻き。。。

 

 

無!!

ここまで完全試合笑

 

末東公園

 

次は私によく魚を触らせてくれる末東公園へ。

岬周りとブレイクをバイブレーションで探った後ここでスローな展開も入れようかな(意志弱い)と思いドランクレイジー/ディレンジフーラのテキサス(ペグ止め無し)を投入。。。。。

 

f:id:bondon:20181101091404j:plain

 

あきまへんで!!

全くきっかけもヒントもつかめないままお昼に…

 

 

三田駅前 らぁめん嬉しや

 

お昼は三田駅前のラーメン屋へ

 

f:id:bondon:20181101172639j:image

線路沿いの激薄(笑)な建物が特徴の嬉しやさんへ。

 

 

何が人気か分からなかったので取り敢えず醤油ラーメン

 

f:id:bondon:20181101091453j:plain

 

昔懐かしの中華そばって感じの味でなんと550円。

 

お昼時だったので結構混んでましたがすぐ座れたのでサラッと完食し午後の部へ。。

 

午前中の場所をサラッとおさらい笑

 

午後は少し曇りが入り気温が下がってきたのでディープをやろうかと思ったのですが巻きたい私。

 

尼寺等を再度入り直し巻くものの無。

 

少し弱気に尼寺公園でDUO/Vテールシャッド3inのミドストを試すと1ギルバイトがあったもののそんなものは要らないので再度移動開始。

 

 

ハンプをメタルで

 

次に寒いのでディープも見ておきたいと思い、通称おやじハンプと呼ばれるハンプをメタルで探るもまたしても無反応。

 

恐らくダウンショットなど丁寧な釣りだったらどこかで何かしらの反応はあったんだろうな…とは思いつつも釣れなくてもやり通す。

 

そう思い続行!!笑

 

すぐさま心折れて、トリニティのMJクローラーをフリーリグとキャロの中間ペグ止め無しキャロでハンプを再調査

 

f:id:bondon:20181101091445j:plain

 

 

やっぱり無…。。

 

 

しっかりコアラのマーチに癒されて

 

f:id:bondon:20181101091506j:plain

 

 

最終尼寺公園で巻ききることを決意。。。

 

 

ドラマは起こるのか。

 

若干暗くなってきた16時半

 

f:id:bondon:20181101091356j:plain

 

写真ではすごく分かりにくいですが虹を見ながらマッジーバイブ投げまくり。

尼寺公園の対岸側です。

 

そしてあまりに反応が無いので強すぎるのかな(今更)と思いコーゾースピンに替えて投げているとどっかのお寺から

 

ゴーンゴーン

 

と思いきやそれでスイッチが入ったんか足元で10cmくらいの子バスがHIT笑

余りの小ささに嬉しさより悲しさが押し寄せてくる。

あっさり水揚げ

水揚げした勢いでフックアウトしオートリリース。。。

 

 

完全に心折られてゲーム終了。。。

 

f:id:bondon:20181101172721j:image

 

ほぼ完デコの厳しい青野ダムになりました。

 

 

 

めっちゃ楽しかったですけどね笑

 

マッジーバイブダッシュはあごはげはげになりながらもノーロストだったのはすごいなと感心させられました。

 

今日の青野の状況には少しルアーが強すぎたんだと思います。

まぁ途中で気づいてましたが意地ですそこは笑

 

 

はぁ。。絶対リベンジしたるわい!!

10/26 夜 琵琶湖 ~もうだいぶ寒くなってきましたね…~

みなさんこんにちは。

 

めっきり気温が下がってきましたね。寒い。

私は分からないですがブタクサもひどいらしく周りの人はヒーヒー言ってますね。

 

さて、そんな気温の下がった夜の琵琶湖に突撃してきました。

仕事が忙しく約2週間ぶりの出撃になります。

 

 

1stポイント 南湖東岸流入河川

 

まずは数か月全然様子を見ていなかった南湖東岸の小規模流入河川。

友人と行って友人がベビーワンマイナスかなんかで釣った以来かな

 

 

www.bassbondon.com

 

行ってみるとド減水&結構キツい濁り&ウィードジャングル

 

あんまり釣りにならん具合なので取り敢えず数投して移動

 

 

2ndポイント 柳平湖

ここも最近は必ず寄るポイント。

2週間前までは有り余るほどのベイトフィッシュにまみれていましたが今日はいることはいるけど少なめ。

 

取り敢えずマッジーバイブダッシュをアシ際通し、沖からブレイクつっつき斜めにも切り巻きますがノー

 

そして斜めに巻いてる途中にカツーンとハードにスタック…。

取れなさそうなので少し引っ張るとラインブレイク。。

 

恐らくキズ入ってましたね。少しの力で切れてしまいました。。ズボラしてしまいました。

 

そこで最近手を出していなかったトップに。それも強めの大どんぐりマウス

 

f:id:bondon:20181026113734j:plain

 

大いうても20gしかないのでMクラスのロッドでも十分投げれます。

 

そして相変わらずのガショガショやかましさ笑

 

各方向に投げてみるも無反応。

 

移動

 

3rdポイント 木の浜1号水路

 

途中何か所か本湖に寄ろうとするも先行者がいたので一気に琵琶湖大橋手前までワープ

 

まずタイニーピーナッツで水路内本湖からすぐのところを少し早めに巻く。

 

巻きながら移動していると街灯に照らされた水面に2匹の35-40cmがクルーズしているのを発見!

 

俄然やる気になる単純な私笑

 

一応進行方向に投げてみるも当然の無反応。

 

そのすぐ後に先ほどのやつではない小型のバイトがあるもノらず。。

その後スピナーベイトにローテしてみるも反応が無いので本湖側に移動して大好きネコリグ

 

ルアーはジークラックのヤーマンスティック6in

カラーは大好きスカッパノン

 

f:id:bondon:20181026113722j:plain

 

G7のワームプロテクトチューブの6mmをはめて、フックはデコイボディガードの1/0

シンカーはレインのタングステンネイルシンカーで今回は遠投したかったので2.5gをチョイス

 

ウィードをほぐしながらストン、ウィードほぐしてストン

 

をしばらく続けるもノー

 

水路に戻り、バイトがあった付近や巻いてる時にウィードが引っ掛かってきた場所にネコを打って行くも完全に無反応。。

 

時刻は1時。

 

ぼちぼち帰ろうかなと思いましたが最後に。

っと思いアシがあって投げにくいところ

 

f:id:bondon:20181026113725j:plain

 

を半ウェッピング状態でキャストしアシ際50cmくらいのとこでひたすらシェイクシェイク

 

するとグーっと重くなったのでフッキング1発凄い勢いで走り出す魚!!

走り方から完全にバスやと思い喜びつつ一気に陸揚げ

 

上がってきたのが

 

f:id:bondon:20181026113729j:plain

 

40UPのまあまあサイズ

何枚かかっこよく見えるアングル撮ってみたんですがブレてました笑

 

釣り上げた場所が水際に行けなかったので少し横にそっとお返ししてあげると

 

f:id:bondon:20181026113740j:plain

三方をどシャローと壁に囲まれた場所からなかなか抜け出せずにしばらくうろちょろしてました笑 かわいいやつめ

 

 

完全に満足してすぐ帰路に笑

 

3回連続凸ってたのでほっとしたわ

 

巻いて釣りたいんやけど、、ついつい笑

 

 

 

 

カツイチ(KATSUICHI)デコイ ワーム107 ボディーガード 1/0

カツイチ(KATSUICHI)デコイ ワーム107 ボディーガード 1/0

 

 

 

G7(ジーセブン) ワームプロテクトチューブ バリューパック6?.

G7(ジーセブン) ワームプロテクトチューブ バリューパック6?.

 

 

はてなブログProのススメ

みなさんこんにちは。

 

実は火曜も行ってたのですが、全く土曜と同じ感じ…何も書けない…

f:id:bondon:20181019134648j:image

 

スピナーベイトは良かったですがもう少し使い込みますよー

 

 

さて。

ブログを始めて2年ちょっとが経過。

飽き性な私がこんなに続けられているコンテンツはなかなか珍しい笑

 

私は凝り性の飽き性なので当初からどうせ始めるなら収益化して少しでも釣り具購入の足しになりゃいいか位の意気込みで始めていました笑

 

ただ、HTML?ドメイン?なんじゃそりゃ程度の私だったため全て検索しながら調べながらでしたが出来たので興味ある方はやってみてもイイかも…。。。

 

 

 

はてなブログProと無料の違い

 

まず、収益化に興味が無い人は基本的に無料版はてなブログで問題ありません。

もっと言うとアメブロなんかでも問題ないくらいです。

 

収益化を目指してブログを開設する人や今あるはてなブログコンテンツを収益化したい人はProにするか無料で行くかの判断が必要になってきます。

 

じゃあメリットデメリット何が違うのか。。。

 

まずはメリットから

 

メリット

はてなブログProにするメリットは何個かありますが一番大きなところは下記の2つです。

 

①独自ドメインの使用が可能

独自ドメイン?なんじゃそりゃ。。

 

って方。大丈夫。私もなんじゃそりゃです笑

 

よくドメインを分かりやすく説明するために例えられるのが住所です。

 

無料版の場合、はてなブログさんの住所を借りてそこで運営していく形になるのでブログURLはhatenablog.comやhatenadialy.jpといったようにはてなブログさんが所有している物件を間借りしてブログを運営することになります。

 

このデメリットは、はてなブログになんかあった時に一緒に共倒れしてしまう事やGoogleの同一検索ページには1つしか表示されない。等競合する無料のはてブロ同士で枠を争う事にあります。

 

なにより最大のデメリットが、Googleアドセンスが使えない

という事です。昔はいけたらしいですが、現在はGoogleアドセンスの審査に独自ドメインが必須になっています。

Googleアドセンスについては後述

 

②広告を非表示にできる

これもGoogleアドセンスありきの話にはなりますが、無料のはてブロでははてなブログが出す広告が勝手に表示されてしまいます。

これでは美観を損ねるのはもとより、自分が貼りたい広告と競合してしまいます。

 

この2つが大きなところで、あとは10個ブログ持てたり(無料は3つ)写真のアップロード容量が増えたりメリットがありますがそんなに大きなことではないです。

 

デメリット

次にデメリット。これはただ一つ

 

有料!

ただそれにつきます。

はてなブログProの場合1ヶ月につき600円~1,008円までの料金がかかってきます。

 

金額の幅は前払いの幅です。1ヶ月コースだと1,008円、1年コースは8,434円(703円/月)2年コースは14,400円(600円/月)ということです。

 

私は1年コースで加入しています。

 

ただしある程度の軌道に乗ればこの金額分は十分ブログ収益でペイできます。

 

収益化の方法

 

じゃあ収益化って具体的にどうするのか…。

私の場合は2つの収益化するための方法を取っています。

 

1つが上でもでたGoogleアドセンス

そしてもう一つがAmazonアソシエイトです。

 

Googleアドセンス

これはほとんどのブロガーさんがやっていると思います。

ブログ上にGoogleからの広告を載せてそのクリックなどから報酬を得る方法です。

 

これにはまず審査を通る必要がありますが、調べると通るための方法が山ほど出てくるので興味のある方は調べてみてください。

但しこれにはProが必須です。

 

Amazonアソシエイト

これはAmazonの商品のリンクを貼り、そこから買ってもらうと報酬が発生する仕組みになっています。

 

基本的にたまに書く自分が買いたいものや自分のリストアップのために色々まとめたもの以外は実際に使ってみておススメできるものを書いているので釣具屋よりAmazonが安ければAmazonで買ってもらえれば私も嬉しいです。

 

詳しくは分からないですが恐らく当ブログのリンクからAmazonに入りそこで関係ないものを買っても私に報酬が入ってくるのかな?

以前缶コーヒーを1ケース買った分の報酬が入ってました笑

もちろん缶コーヒーは紹介してませんよ笑

 

やりがい

私の場合、報酬が沢山入ったとかよりもブログにコメント貰ったとか紹介してもらった。釣り場で声をかけてもらえたとかが結構嬉しくてやりがいになってたりします。

 

他にもブログをやっていたことでワークマンのイベントに参加出来たりとかルアーメーカーさんと少し関われたりってのもかなりのモチベーションになってます。

 

あと、釣行記を残しておくと1年後とかに「あぁ~こんな釣りしてたな」とか思えます。

 

どうせブログをしているなら少しお小遣いも稼げたら一石二鳥ですよね。

これを機に少し試してみては??

トリニティのスピナベがマイナーチェンジしてたから再購入~弱点克服してたらマジで複数購入やな~

みなさんこんにちは。

 

土晩に2時間弱琵琶湖で巻いてみましたが寒くて人が多くて…

 

えぇ。見事な完全試合です笑

 

 

さて、最近はバイブレーションを使いたい欲からスッパーとしての形を完全に隠している私ですが、元々ってか以前は巻物はほぼスピナベでいいんじゃね?って感じでした笑

 

色んなスピナベを使ってきましたが、そんな中で当初がっかりさせられたもののマイナーチェンジを経て再度期待を込めて購入したものがあるのでまだ使用前ですが記事にしたためます。

 

 

TRINITY COSTOM BAITS

 

あまり聞いたことが無い方もいるかとは思います。

どちらかというとメジャーなメーカーではないですが、面白いルアーを出しているメーカーで、私も、前モデルのスピナーベイト、クランキンシャッド、マイクロバズベイト、そしてストレートワームのMJクローラーと使用してきて特にMJクローラーは1軍入りしているくらい気に入ってます。

 

 

www.bassbondon.com

 

ボトムでまっすぐ立つバイブレーション等面白くてかなり興味をそそるラインナップのあるメーカーなので一度見てみてください。

 

ただ。。公式HPはいつ見ても未完成な感じなので見るならココかな

 

M E I S E I co.,ltd - Trinity

 

イントルーダー ジャンクフード

 

そして今回のルアーはコレ

 

f:id:bondon:20181015092635j:plain

 

トリニティのスピナーベイトシリーズであるイントルーダーの末弟にあたる3/8ozクラスのジャンクフード。

 

2018年にこのジャンクフードとオリジナルモデルの1/2ozはモデルチェンジをしています。一番でかい5/8ozのダズルはしてないかな?

 

今回買ったのはモデルチェンジで以前の弱点が改善されているんじゃないかと期待したからです。

 

前モデル記事↓

 

www.bassbondon.com

 

形を比較したら一目瞭然ですが、アームの形状が変わってます。

前モデルはアームの作りが甘かったのか、ただ外れを引いたのか、、ファイト中に折れてしまいました。読者さんからも同じ症状のコメいただき、アームに”す”が入っているから弱かったという情報をいただきました。

要は固める時に空気などを巻き込んで固めたからアームの中がスカスカで弱くなってしまったってこと。素材が悪かったのですかね…

 

 

他のルアーは完成度も高くいいものが多いメーカーなのでいつか改善…と期待していたらモデルチェンジ。

 

これは手に取れという事だと思い再チャレンジです。

 

まだ使用していないのでこれから使用していってどう変わったかですね。

ちなみに動きやシルエットなどはかなり好きな部類です。

 

そして、、今回のモデルチェンジで3/8ozのジャンクフードにしか出来ないですがあるひらめきがあったのでそれを試したくて試したくて…笑

 

外観

 

f:id:bondon:20181015092620j:plain

 

ソロじゃ分かりにくいですがハイピッチャーと同じくらいコンパクトなスピナーベイトで一目見て分かる特徴のあるブレードにより複雑な水流&スクラッチサウンドを奏でるスピナーベイトです。

 

かなり飛距離も出ますのでオカッパラーにも嬉しいですね。

 

f:id:bondon:20181015092624j:plain

少し横に広めなヘッド形状です。

 

 

スカートは多めでトレーラーをつけても使えるようにトレーラーキーパーも付いています。

 

f:id:bondon:20181015092641j:plain

 

そして大きく変わったのがココ。

 

前モデルは顎下から出たワイヤーがヘッドに沿って伸びていましたがモデルチェンジで一度ヘッドの中を通って伸びていってます。

 

これは強度が上がってそうな予感。。

 

ちなみに顎からワイヤーが出ているのは3/8ozのこのモデルのみで、ボトムにワイヤーからタッチすることで感度を上げるためにこの形になっています。

 

もひとつ因みにアッパーアームの形状もオリジナルとジャンクフードでは全然違います。ジャンクフードはよりフィネスに。

といった意志の下作成されています。

 

 

試したいこと。。。

 

スピナーベイト。

基本はレンジコントロールが出来ますが、深いところを3/8ozで引くには限界が、、

 

そこでこの顎を利用して

 

f:id:bondon:20181015092629j:plain

 

こんなんどやろか…

 

ZAPPUのアイショットやノガレスのクイックチェンジャー系を使って顎にウェイトUP!!

 

まだ机上の空論状態なので実際投げてみないと泳がなくなるとかバランス破綻するとかわかんないですけど、、面白そう笑

 

あわよくばこれでシンカーがボトムにタッチして、、バランス崩して、バイトトリガーみたいな?

 

妄想だけが独り歩きなう

 

こんなん書いてるけど実際に泳がして全く泳がんかったらこの部分あとでバッサリカットしとこ笑

 

これ出来なくても強度さえクリアしたらかなり一軍ルアーですしね。

 

 

忘れてた最大の強みというかありがたいこと

 

それは、、、810円という超絶消費者想いの価格設定

 

1/2ozでも900円ですよ。。。

 

ハイピッチャーが安い言うてもここまではない

 

これで、、強度も克服してたら……よだれ出る

 

はよ投げたいぞ!!

 

 

10/9夜 だいぶ久々になった釣行in琵琶湖~釣りが分からん笑~

昨晩なかなか行けてなかった釣りに久々(三週間ちょっとぶり)に行けたので釣行記をサクッと

 

結果としてはなんも起きず何も分からず、でも久々に投げられて楽しかった笑

 

そんな釣行です。

 

 

1stポイント とある内湖

 

まず、自分の中で確実に魚が触れる内湖へ。

だって久々だからまず魚触りたいし笑

 

そして今日のテーマ

 

f:id:bondon:20181010115623j:image

 

こやつで巻ききる。

Vivaのマッジーバイブダッシュ。

 

 

www.bassbondon.com

 

 

を携えてポイントへinしようとするとヘッドライトを忘れていることに気づく。。

久々すぎてそんなものも忘れたんかい!!と情けなくなる自分を置いておいて、

この内湖でのメイン3ポイントの内の一つに立ち、昂る気持ちを抑えて

 

エイヤーー!!と遠投

 

ブルブル伝わる振動にあー釣りしてるーという実感を覚えながらひたすら遠投巻き巻き

 

数投したあと恐らく水中に倒れたアシに引っ掛かる…。。。

 

なんとか外れて再度遠投を繰り返す。

 

再度同じ場所の少し沖側で同じようなスタックの仕方をする………

 

ロスト!!

 

開始10分

早くも1ロスト。。

自分が下手なのか…普段バイブレーションあまり使わないからこんなにロストしてしまうのか…。。

 

不安になりながら小移動

 

同じ内湖で常に釣果を与えてくれるポイントへin

 

バイブレーションをギルカラーに替えて続投!

 

いつものこの場所にしてはアウトレットがかなりカレントが効いてて凄い水が動いている。

しかも恐らく流線形のハス的な奴がすごい数ピチャついてる。

 

これはいけるぞってことでキャスト。

まずはショートキャストで巻いていると魚の体に当たること当たること笑

 

近場を一通り巻いた後遠投で扇状にポイントを切っていく。

 

途中リフト&フォールも試してみる

やはり頭の透明フィンが効いているのかかなり立ち上がりが早いのがリフト&フォールは分かりやすいですね。

 

ブレイクではボトムを軽くタッチしながら

その他では中層を巻いてくるとアシ際を通した際にスタック!!

そしてロスト!!

 

 

開始30分もしない内に2ロスト。。。

 

マッジーバイブダッシュを3つしか持ってきていない私、恐怖におののきオーバーホールに出した12アルデバランのテストと言う理由付けを自分の中でしてネコリグ投入!

 

ワームはジークラックのヤーマンスティック6in

 

www.bassbondon.com

 

シンカーは1.3gで6mmのリングをかましてフックはデコイ/ボディガードの1/0

 

早速足元のアシ際へ落とすとメニメニギルバイツ

 

あやつらはもはや6inだろうが何だろうが美味しそうなものは端からかじっていく異常食欲者ですわ。。

 

一通り流した後バスに変わることが無いので移動。

 

赤野井&木の浜

続いて赤野井本湖側へ。

 

ただ、漂着ウィードが多すぎて巻けぬ。

 

5投もしない内に移動。

 

 

木の浜へ。

少しだけ1号水路をやってから本湖側へ。

 

バイブレーションを巻けるような状況でもないのでネコリグでウィードをほぐしながらやるも完全試合達成なり!

 

本日

 

f:id:bondon:20181010115636j:plain

 

この2本2ルアーでやり切りましたが、なんだか何もつかめずに終わりました笑

 

そして、木の浜本湖側は夜でもカヤックやフローターが浮いているのですが、、ヘッドライト点けてくれないと見えないから遠投するときにたまにドキっとします。

いつかフローターで浮いてる人にルアーあててしまうんじゃなかろうかと、、、。

 

はぁ。。

 

がんばろ

 

 

コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #105 スケルトンクロー

コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #105 スケルトンクロー

 
コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #6A LBASS

コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #6A LBASS

 

 

淀川水系のベイトフィッシュ調査inあくあぴあ芥川

f:id:bondon:20180925153526j:plain


みなさんこんにちは。

 

先日、家族で公園に行ったついでにあくあぴあ芥川という高槻市や芥川、淀川に生息する虫の標本、野鳥や獣の剥製が置いてたり、魚が水槽で展示されてたりという圧倒的に規模の小さい琵琶湖博物館のような場所に行ってみました。

因みに入場料0円駐車場が多分1時間以上は滞在できない(そんなに時間使うとこない笑)と思うので1時間で100円

鯉のえさやりをしたのですがまぁまぁ量が入って30円でした笑

 

そこで釣りに活かせたらと思い淀川水系のベイトフィッシュ達を写真に収めてきたので公開です。

※水槽越しなので見にくい&撮影者写ってるのあり笑

 

そして、あくあぴあ芥川に展示のあった生物のみなので例えばアメリカザリガニ等展示の無かったものは抜けてます。ご了承ください。

 

 

ブラックバス

f:id:bondon:20180925142925j:plain

 

ボケかつ携帯等反射しててすみません。。

我らが目標ブラックバスもしっかり展示されておりました。アベレージサイズでしたが悠々と泳いでおられました。

 

ブルーギル

f:id:bondon:20180925142825j:plain

 

そしてそのブラックバスの捕食対象であり、ライトリグの敵でもあるブルーギル。

特に野池ではメインベイトになっていることも多く、ブルフラットやフリップギル、SSギルやスパイロン、スタッガーワイド、ジャバギルにギルフラット、そしてバーガー

ギル型ワームが流行っているのはこいつのメインベイトとしての重要性の高さですね。

 

フナ

f:id:bondon:20180925142900j:plain

 

水槽にうつった私がホラーですね笑

 

フナも野池や河川では立派なメインベイト。基本的にはギルパターンと同様の釣り方になってくると思います。

ルアーカラーでも小鮒やギンブナ等フナを模したカラーはよく見られますね。

 

アユ

f:id:bondon:20180925142832j:plain

 

言わずと知れたベイトフィッシュである鮎。人間も大好きですね笑

琵琶湖でも秋のメインパターンとして河口付近での落ちアユパターンなんかもあるように淀川水系でもメインベイトの1種として外せない魚です。

 

ハヤ系

小型のコイ科の淡水魚で細長いやつを総称してハヤと呼び、淀川水系では以下のような魚が該当します。

これ以外にもモツゴやモロコもいるはずですが展示されていたのは以下の魚です。

 

オイカワ

f:id:bondon:20180925143017j:plain

 

写真が悪くて申し訳ない。。

 

背中から縦に青色っぽいきれいな模様が数本入る綺麗な魚でルアーのカラーにもたまに採用される魚ですね。綺麗で好きです。

私事ですが、人生初バスは小学生の時にオイカワカラーのポッパーで釣った37cmです。

何のルアーやったんやろあれ…ロストしたのでおそらくT.Dポッパーじゃないかと自分では考えてます。

 

カワムツ

f:id:bondon:20180925142931j:plain

 

身体の真ん中に横一本筋が入った魚がカワムツです。

大きくなると模様は薄くなり顎が赤ーくなってきます。(写真真ん中らへんの魚参照)

 

アブラハヤ

 

f:id:bondon:20180925142908j:plain

 

カワムツ同様横一本ラインが入った小魚です。

 

ハヤ系がメインベイトの場所ではミノー系やセンコーのようなスティックベイトが効いてくるでしょう。

更にこのタイプは素早い動きが特徴なのでその辺も意識しながら釣りをすると釣果UPに繋がるかも!?

 

ゴリ系

ボトムに貼りついて岩陰などに隠れて生活する魚の類を総称してゴリ系と呼ばれ、バス釣りのベイトパターンとしても確立しているこの手の魚たち。以下のような魚が分類されます。

 

ヨシノボリ

f:id:bondon:20180925142939j:plain

 

愛くるしい表情のヨシノボリ。

基本はボトムにべったりくっつき岩陰等に身を潜めています。

これが見られる水系ではテキサスやジグヘッドなどでもボトムを意識し、ボトムを這うこの手の魚を意識しながらアクションをくわえるとGoodかも

スイムベイトだとメガバスのダークスリーパーですね。

まさにヨシノボリカラーもあり、こういうベイトを意識したスイムベイトです。

 

 

www.bassbondon.com

 

 

ドンコ

f:id:bondon:20180925142843j:plain

 

この手の魚は可愛いですね笑

最大で25cmほどにもなるドンコですがこの英名がダークスリーパーなんですね。メガバスのスイムベイトはそういう事です。

 

カジカとよく似ていますがドンコはスズキ目、カジカはカサゴ目です。

 

メスを誘う時にグーグー鳴くらしいですが、そういうルアーないですかね?笑

ぱっと思いつくのは空気穴なんかで発音器官を作るかゼンマイかなんかで同じような音を出すか………わかんね

 

ドジョウ

f:id:bondon:20180925143009j:plain

 

あまりベイトパターンとしては聞かないですが、、、ドジョウもベイトであってもおかしくないと思います。動きも遅いし。かわいいし。。笑

 

やはりドジョウパターンはストレートワームのジグヘッドですかね?

 

カワヒガイ

f:id:bondon:20180925143025j:plain

 

私も今回見た中で唯一初めましてな名前だったカワヒガイ

準絶滅危惧種になっているらしく背びれの黒い模様が特徴の在来種です。

 

数が少ないのでメインベイトになることは無いでしょうが、見かけたらバスから守ってあげたいですね。

甲殻類

ベイトパターンとして完全に重要視されている甲殻類パターン。ま、主にエビですね。

今回標本ではありましたが、水槽でアメリカザリガニの展示が無かったのでエビカニ共に1種ずつのご紹介です。

 

ミナミヌマエビ

 

f:id:bondon:20180925143001j:plain

 

だいたい岸際で小さなエビを見かけたらこれかヤマトヌマエビです。

風が当たるサイドや波立った時にこのエビが動き出して岸際でボイルが発生するなんて経験は皆さんあると思います。

 

今回展示はミナミヌマエビのみでしたが、テナガエビやアメリカザリガニ等エビ系はメインベイトとしてパターン化されており、ワームでもクロー系などエビを模したものも多いですね。

岸際にエビを見かけたら意識した釣りをしてみるといいかも。

 

サワガニ

f:id:bondon:20180925143038j:plain

 

なんでエビパターンは聞くのにサワガニパターンはないのだろうか、、特に河川ではホントによく見かけるサワガニ。チヌゲームやライトゲームではカニに似たルアーも見ますがバスではまず見ないですね…。検証してみたい。。

特に岩が多いリザーバーのバックウォーターなんかサワガニだらけな気もする。

 

クロー系の小さめのやつか、、ガンクラフトのビッグスパイダーorマイクロなんかカニパターンっぽい??笑

 

以上、淀川水系ベイトフィッシュ調査終了!!

活かせるのか俺!?笑

 

番外編 ただの悪口ネームな虫。

 

f:id:bondon:20180925153516j:plain

f:id:bondon:20180925153532j:plain

 

ポンポンメクラチビゴミムシ……深くは語らないですが可哀想。

 

因みにポンポン山というのは高槻市にある標高678mの山の名前で頂上で跳ねたりして足踏みするとポンポンと鳴ることから来ているそうです。実際自分は登ったことありませんが登ったことある人に聞くとホンマにポンポンいうそうですよ笑

山の中が空洞になってるのかな?

機会があればぜひ笑