BASSBOND   淀川 琵琶湖

淀川、琵琶湖及び野池をメインに関西のフィールドを放浪するビンボーバサーが発信する釣り情報と釣行記録

スピニングリール比較~U-1万、U-1.5万、U-2万でどれがいい? ②U-1.5万円編~

f:id:bondon:20180921115047j:plain

 

さて、続きです。

 

前回記事はこちら

 シマノとダイワの機種に関しては前回記事ありきで書いてるのでまずこっちから読むのをお勧めします。

 

www.bassbondon.com

 

 

 

 

 

U-1.5万円クラス

このレベルになると使用用途でも少し選べるようにはなりますが、基本は下の3つから選べば間違いないです。

 

シマノ/17アルテグラ

シマノからは17年にモデルチェンジされたアルテグラ

前モデルとは毛色がガラッと変わり賛否両論ありますがこの価格帯としては完成度の高い製品です。

コアソリッドシリーズ

12アルテグラから17アルテグラにモデルチェンジするにあたって大きく変わったのがそのものの軽さや巻きの軽さを追求するクイックレスポンスシリーズからステラを長兄として巻きのシルキーさを追求したコアソリッドシリーズへの転換

 

ダイワは基本的に軽いのが多いのでしっかり比較するならクイックレスポンスと対峙させるのがいいのかなとも思いますが、この価格帯だと12アルテグラくらいしかクイックレスポンスが無いです笑

 

個人的にフラッグシップ機としてダイワのイグジストとシマノのステラがよく比較されてますが、イグジストはヴァンキッシュと比較するべきだと考えてます。

 

主な機構

基本的にはナスキーと同じ機構が採用されています。

ま、だからナスキーがすごいんですけどね笑

 

ナスキーとの違いを上げると

コアプロテクトがラインローラーにも搭載

供回りハンドルがねじ込み式に

 

この2つです。

特に大きいのが下で、ねじ込み式の方が遊びが少なく、ガタつきが少ないです。

基本的に1万円を超えるバス用スピニングは全部ねじ込み式だと思ってください。

 

素材、重さ

素材もナスキー同様高強度樹脂

ギアも超々ジュラルミン製のHAGANEギアです。

 

重さは2500番で240g

ナスキーより10g軽いです。

 

価格

 

Amazonで11,000円程度です。

 

シマノ リール 17 アルテグラ 2500S

シマノ リール 17 アルテグラ 2500S

 

 

ナスキーと比較すると3,000円程の価格差があります。

ねじ込み式ハンドルに3,000円の価値を見出せる人はアルテグラに。安い方がって人はナスキーでイイと思います。

 

ただし、アルテグラにだけ2500番のシャロースプールのノーマルギアがあります

 

ここもナスキーと比較できるところですね。

 

 

ダイワ/18フリームス

ダイワのこの価格帯はフリームスになります。

2015年発売の前モデルからLTコンセプトを搭載しモデルチェンジしてきたフリームス

 

LTコンセプトはU-1万円記事で書いたので割愛します。

 

主な機構

基本的にこの価格帯を考える人は1個下のモデル、1個上のモデルと比較して何を妥協するかで決めると思うので18レガリスと違うところをメインに書いていきます。

 

基本的にはレガリスに搭載された機構は搭載しつつ一番大きな点はマグシールドの搭載です。シマノではナスキーにもあったコアプロテクトのダイワ版と言ったところで防水機能です。(シマノとはどう防水するかのシステムが大きく違いますけど)

 

もう一つはねじ込み式ハンドル化

シマノ同様1万円を超えるフリームスからねじ込み式ハンドル化しており、がたつき等少なくなっています。

 

素材、重さ

素材は予想にはなりますが恐らく高強度樹脂

この一つ上くらいからZAIONが使われ始めますが、フリームスではまだ樹脂どまりだと思います。

 

ギア素材も不明ですが恐らく超々ジュラルミン製かなと思います。

 

重量は2500番で205g

レガリスと同重量ですがディープスプール使用の2500番はレガリスより5g軽いのでスプールがレガリスより肉薄のアルミなんですかね。

 

やはり17アルテグラと比べると悲しいまでの35g差

これはデカいです。

 

ただし重いから悪いとは一概には言えないので後述します。

 

価格

アルテグラとガチンコになる11,000円程度です。

 

 

ダイワ スピニングリール 18 フリームス LT2500S-XH

ダイワ スピニングリール 18 フリームス LT2500S-XH

 

 

ただし、こっちにはノーマルギアの選択肢がありません。

 

なのでレガリスとの違いもねじ込み式ハンドルとマグシールドくらいが大きな差です。

 

ここを妥協できるかどうかでレガリス、フリームスも選べばOKです。

 

ダブルハンドル

但し、フリームスにはダブルハンドル仕様のノーマルギアがあります。

220gと15gほど重くなりますが、バス釣りでもダブルハンドル愛好家はいます。

ハンドルの重量バランスに偏りが出ないので定速リトリーブにも向いてます。

 

確かフロッグでお馴染みのウッチーこと内山プロはスピニングはダブルハンドルで使ってた気がします。

 

金額も1,000円程度高くなるだけなのでオプション買うこと考えたら…。。。安!

 

 

ダイワ(Daiwa) スピニングリール 2500 フリームス(2018) LT2500S-DH
 

 

 

 

アブガルシア/ロキサーニ スピニング

この価格条件だとアブガルシアも一考の価値ありです。

アブはナスキー、レガリスと比較できるようなものが無いので、同価格帯の他2機種と比較しながら見ていきます。

 

主な機構

まず1番他と違うところはデュラメタル一体ボディです。高強度アルミ鋳造合金の一体ボディでドライブギアなどを囲むので圧倒的に強度が違います。

ギアはシマノのX-SHIPやHAGANEギア、ダイワのタフデジのようにアブ独自のAMギアリングデザイン(シマノで言うHAGANEギアと同様)とCOGギアデザイン(シマノで言うX-SHIP)なのでメーカーごとに差はあれどそれぞれ完成度の高いものになっていそうです。

 

ベールやスプールはそれぞれ独自のノウハウで形状を工夫しているので比較対象からは外して、、

 

2WAYドラグシステム ドラグワッシャーの順序を組み替えることでドラグの効きの強さ、繊細さを変えることが出来ます。

なのでライトライン2.5lbや3lbなどを使う時はライト仕様にしてパワーフィネスなど強めで使う時はタフ仕様にする。なんてことも出来ちゃいます。これは新しい!

 

デュラカーボンハンドル これが目に見えて他とは違うとこです。ノンカスタムでカーボンハンドル搭載ですよ。恐ろしい!カスタムハンドルだとそれだけで1万とかしますからね笑

かっこよさは好みあるかもしれませんがNo.1ですかね。

 

素材、重さ

 

ボディ素材はメインがデュラメタル(高強度アルミ鋳造合金)で恐らくそこ以外の部分は高強度樹脂になると思います。アブにもCi4+やZAIONのような樹脂であるC6カーボンがありますが、ここには使われてないでしょう。てか使ってたら書くでしょう笑

 

ギア素材は高強度アルミ製になります。

 

重量は2500番で228g

ちょうどシマノとダイワの間くらいですね笑

 

価格

 

人気なのかAmazonに在庫が見つかりませんでしたが11,000円くらいで他のネットショップにはありました。

 

ホントにガチンコ三つ巴ですね笑

 

 

じゃあどれすんのよ…

 

じゃあどれ選んだらいいんや……。。。

U-1万円ではレガリスを完全に推しましたが、このクラスは用途で選んだらいいと思っています。

 

まずシマノ17アルテグラ

コアソリッドシリーズの巻き心地と巻き始めは少しフリームスに劣るけど巻きだしたら慣性が働いてこちらの方が軽く感じるくらい。重量は少し重いけどそれも巻き続ける際の軽さの一因なのでアルテグラはズバリ巻物。

小型クランクやi字形。クランキンシャッドなど巻きの釣りで使いたい方にはお勧めです。

 

そしてダイワ18フリームス

ダイワの巻き始めの軽さやボディ自体の軽さは超魅力的。

基本的にはこれを選ぶのがいいと思うが、使用用途でいうとライトリグの釣り。

THEスピニングの釣りに使うにはこれを選んだら間違いないです。

 

最後にアブロキサーニ

このリールの一番の突出点がデュラメタルボディ

勘のイイ方なら何をお勧めされるかわかったでしょうが、パワーフィネスですよね笑

高剛性、ハイギア、5.2kgのドラグ力

パワーフィネスに使えって言うてる気しかせん!笑

 

勿論ライトリグも高い精度でこなすのでデザインが気に入ったらこれ選べばいいと思います。

 

個人的に、一番気になるのが(買おうと思ってるのが)この価格帯で

現状フリームス≧ロキサーニ>アルテグラの順で気になってます。

12アルテグラはある意味クセあって好きなんですけどね笑

 

最後はU-2万円クラスだーーーー↓

 

今書いてる途中です。

 

 

 

 

スピニングリール比較~U-1万、U-1.5万、U-2万でどれがいい? ①U-1万円編~

f:id:bondon:20180921115029j:image

 

みなさんこんにちは

 

先日、ベイトリールを買おうと思い自分でまとめるために記事にしましたが、そこからスピニングを使い込んでるうちにスピニングが欲しくなるという気の多さを発揮した私。

 

じゃあスピニングも選ぼうやないかい!!ってことでまた自分のためにまとめたものを共有です笑

 

正直、ダイワのイグジスト、シマノのステラやヴァンキッシュは私にとっては宝の持ち腐れ。それなら2万クラス3台買うわ!って感じなので今回はエントリーモデルからミドルクラスまでしか見ません。

多分今後も見ることは無いだろうな…。

 

 

www.bassbondon.com

 

 

 

 

U-1万円クラス

 

サンデー&へっぽこアングラーの私にとってスピニングリールはこのクラスでも正直必要十分に感じてます。実際に私が今メインに使っているのがシマノの16ナスキー

ホンマによー出来ててトラブルもないし気に入って使ってます。

 

まずはこのクラスから。

 

この価格帯だと正直この2つから選べば初心者からずっと使えるレベルです。

では見ていきましょう。

 

シマノ/16ナスキー

 

シマノから2年前、2016年に登場し、ざわついたナスキーの新型です。

私自身これを使っていてホンマに満足してます笑

 

これまで上位機種、ミドルクラスから搭載されていた機構がU-1万円クラスまで降りてきたのが結構な衝撃でした。

 

主な機構

HAGANEギア 簡単に言うと精度が高く硬度も高く加工されたギアで巻き心地がGOOD

X-SHIP これも巻き心地に直結するシマノの技術です。

コアプロテクト シマノの防水技術でこれにより水の侵入を防げます※ローラークラッチのみ

 

重さや素材

まずボディ素材は高強度樹脂。軽量級上位機種はCi4+と言うシマノの技術の結晶みたいな樹脂が使われていることが多いですが、このクラスではどこもこのクラスの樹脂素材だと思います。

 

ギアは超々ジュラルミン製のHAGANEギア。

 

重量はバス釣りによく使われる2500番で250gと少し重たいかなと言う印象です。

私はC2000HGSを使っていますがそれで220gとなっています。

 

価格

価格はAmazonで8,000円程度と言ったところです。

 

 

シマノ リール 16 ナスキー 2500HGS

シマノ リール 16 ナスキー 2500HGS

 

 

 

ダイワ/18レガリスLT

ダイワの同価格帯としてはちょうど執筆時点の9月発売になるレガリスLTです。

しばらくレガリスの冠はなかったのですがダイワの小型スピニングの新コンセプトであるLTコンセプトを持って再登場。ナスキーの対抗馬として登場です。

 

LTコンセプト

ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、それがLT。

 

http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/spin_rl/LT_LightTough/index.html

 

主な機構

ATD(オートマチックドラグシステム) 簡単に言うとフッキング時や魚が走ってる時等のドラグの効き方をコントロールし、自分で弱めたり強めたりしなくてもイイ感じで効かせてくれるシステム

エアローター ダイワ独自のローター形状により巻きの軽さや感度の向上が得られる

タフデジギア シマノで言うX-SHIPとHAGANEギアと言った感じでしょうか。精度や耐久性の高いギア

 

やはり注目はATDでしょうか。上位機種と同様のドラグシステムを有しているのはかなりの強みですね。

 

重さ、素材

ボディ素材はダイワの諸元表がいつまで経っても改装中なのではっきりとは分かりませんが恐らく軽さを見る限り樹脂素材でしょう。この価格帯にZAION(ダイワの上位機種に使われる素材でシマノのCi4+と対抗する素材)はないと思うので恐らくナスキー同様樹脂素材が使われているはずです。

 

ギア素材もはっきりとはしません…軽量タフなってことを考えると超々ジュラルミンか…?価格帯的に亜鉛もありえる…不明です。

 

そして重量。

驚くなかれ2500番で205gです。ナスキーよか45gも軽い…。

 

おそるべしLTコンセプト…。

 

価格

価格はナスキーとほぼ同じ8,000円くらいです。

 

 

ダイワ リール レガリス LT2500S-XH

ダイワ リール レガリス LT2500S-XH

 

 

 

どっちにするの??

 

正直このクラスだと今買うなら絶対にレガリスLTですね。

わりとシマノリール好き(ダイワ持ってない)の私でもレガリス選びます笑

 

まず45gの差はデカすぎる。

ATDも魅力的だし、実機触ったら分かるんですけど巻き始めの軽さはさすがダイワって感じです。軽い。

シマノで言うとヴァンキッシュをフラッグシップとするクイックレスポンスシリーズを連想させる軽さです。バスでいうとストラディックCi4+もこのシリーズです。安いところだと12アルテグラ(17アルテグラはステラを頂上とするコアソリッドシリーズ)

 

2500番台のシャロースプールはXH(エクストラハイギア)しかありませんが、ナスキーもハイギアしかありませんし、ギア比はシマノのハイギアとダイワのエクストラハイギアでほぼ変わりません。

 

ナスキーの有利な点は…コアプロテクトですかね。

レガリスにはダイワの同様の機構であるマグシールド搭載されていないので。

 

このクラスなら間違いなくレガリスLTをお勧めします。

 

少し長くなったので他の価格帯は分けて記事にします。

 

続きはこちら↓

 

まだですけど笑

 

 

Viva/マッジーバイブダッシュ~秋のマキモノキャンペーン~

みなさんこんには。

 

今期、Vivaのフィールドモニターをやらしていただいてる上で提供していただいてるものも勿論ですが、自分でも何かの縁と思いViva製品を積極的に購入して色々使っており、色々使い込んでいるのですが、やはり気が多い(色んなものに手を出しがち)な私にとって同じやつを使い込むと色々発見や引き出しが増えたりするわけで。

 

そして、サターンは偉大だと再認識笑

 

Viva 基本を押さえたところから面白いところまで色々揃っているので是非みなさんも手に取って欲しいところです。

 

強いて言うならクロー系ともうちょい大きい4.5in-6inくらいのストレート、あとサターンFATのシャッドテールが欲しい

ネコリガーの私の超勝手な要望笑

 

 

 

さて、今回はマキモノ

バイブレーションです。使いたくなること必須なので気を付けて読んでください笑

 

 

マッジーバイブダッシュ

Vivaブランドのハードルアーシリーズは兄弟ブランドのViva☆coreと合わせておおかた一通りの種類が揃っています。

クランクとしてマッジーポッパー(ウェイクベイト兼ポッパー)、リーサルクランクSR/MR

シャッドプラグのステップシャッド

スピンテールジグのコーゾースピンシリーズ

トップウォーターはクローラーベイトのどんぐりマウス三兄弟、ノイジー系のどんぐりガエル、ポッパーのリーサルポッパー

メタルバイブとしてクラッチメタル

無連結S字形のスライドボマー

あとはフロッグ素材のシンキングフロッグ、マッジーフロッグと同じくフロッグ素材のノイジー系、MFフラッパー

 

そしてバイブレーションはViva☆Coreのリーサルバイブと今回紹介するVivaブランドのマッジーバイブダッシュがあります。

 

強いてプラグのメジャーどころの分類で無いものと言えば、ミノー系とペンシルベイトですかね。Vivaのイメージと少し離れますがビッグベイトなんかもそうですね。。

ソルトブランドのアクアウェーブではミノーあるのでフレッシュ用にもいつか出るかもしれませんね

 

前置きがめちゃ長くなりましたが見ていきましょう!!

 

パッケージ

まずは外箱から

 

f:id:bondon:20180920131848j:image
f:id:bondon:20180920131911j:image
 

 

マッジーシリーズは今年からこの感じのパッケージで統一していく感じですね。

いち消費者としては、凝ったパッケージに金かけてルアーの値段上がるよりこの手の紙ベースのパッケージで安くて品質のいいルアーの方が使いたいです。

 

パッケージとしては結構好きですね。

 

本体

f:id:bondon:20180920131820j:plain

 

形としては背中が筋肉質な魚みたいに盛り上がってて腹回りはTNシリーズのように少しくびれた感じ。

 

リアルプリントも相まってカッコいい魚!って感じですね。

バイブレーションの形としては各社創意工夫を凝らしていますが、私のようなへっぽこ野郎には腹がくびれているからこう!ここがこうなってるから微妙にこうなる!みたいな違いまで感じ取れません…泣

 

ボディ表面は鱗のように凸凹しており、複雑な水流を生むのに一役買ってくれそう。

 

サイズは60mm 

兄弟ブランドのリーサルバイブは55mmなので差別化が図られてますね。(ほかにもっと差別化が図られてる機構があるんですけどね)

 

60mmというとバイブレーションとしてはちょうどミドルサイズ。

大体フルサイズで70mm、コンパクトバイブレーションで50-55mmの範囲が多いので使いやすいサイズ感にまとまっています。

 

重量は12.8g

M-MHくらいのロッドで扱いやすいし遠投も効く重さですね。

バイブレーションとしては1.2を争う人気のTNシリーズの同サイズTN60が12.7g、T.Dバイブレーションの63mmサイズが10gですので重すぎず扱いやすい重量感ですね。

 

お腹

f:id:bondon:20180920131840j:plain

 

お腹はViva製品らしくしっかり製品名、サイズ、重量が記載されています。

 

友人曰く発音記号カッコいいな

とのこと。

 

特徴① ヘッドフィン

f:id:bondon:20180920131833j:plain

 

このバイブレーションの最大の特徴がこの頭についたフィンです。

 

他のバイブレーションにはないこの頭が何をしてくれるかと言うと、一つは立ち上がりの速さ

ラインが張った瞬間にしっかり水を噛んでアクションを始めるので巻き始めやティップを上げてラインを張ってからからアクションまでのラグが無いです。

 

そして、スローリトリーブ対応とパッケージに書いてあるように、ゆっくりでもしっかり水を噛んでアクションをするので高速巻きだけでなくスローに誘うこともできます。

 

特徴② フロント横アイ

f:id:bondon:20180920131825j:plain

 

マッジーバイブダッシュが他と違うところ。もう一つはフロントフックアイが横向きになってます。

 

前後トレブル派のイケイケフック率重視アングラーにはあまり関係ないかもしれませんが、私のような根がかりビビり系アングラーにはこれって地味に嬉しかったりするんですよね笑

 

 

f:id:bondon:20180920131854j:plain

 

こういうことですよ。

 

スプリットリング噛ませてダブルフックつけれるんです。

 

通常の縦アイだとリング噛ませてダブルだとフックが横向いちゃってダブルにする意味~~!!

 

ってなるので直付けになるんですよね

 

ちょっとわかりにくいですがこんな感じ

f:id:bondon:20180912074338j:plain

 

でも個人的には直付けだと自由度が少ないので掛けにくくバレやすいと思ってます。

自由度少ない分根がかりも減りますけど。

 

ですのでフロントダブル派の私にとってこれは嬉しいんですよ。

 

因みにフロント#6でリア#8のフックが標準になってます。

 

リアが小さいのも根がかり軽減に一役買ってますね。

 

 

アクション

アクションは通常のバイブレーションのウォブリング(左右に揺れる)アクションに加えてロール(ボディを左右に倒す感じ)を加えたミックスアップアクション(他で言うウォブンロール)の複雑な動きで見切らせにくくしています。

 


マッジーバイブダッシュ アクション動画

 

等倍だとバイブレーションのハイピッチアクションで分かりにくいですけどスローを見るとまるでクランクベイトかのようなアクションが見て取れるかと思います。

 

スローでもしっかりカバーやボトムをトレース出来るのは強みですね。

 

ラトル

ラトルはタングステンとガラスの複合になっていて、なかなかジャカジャカ大きい音が鳴ります。60mmでもフルサイズばりのアピール力を持っているバイブレーションです。

 

カラーバリエーション

f:id:bondon:20180920165315j:plain

f:id:bondon:20180920165319j:plain

f:id:bondon:20180920165324j:plain

 

全12色

中でもLIVEがついた今回紹介したLIVEバスを始めとするカラーはかなりリアルです。

 

 

Viva/秋のマキモノキャンペーン

夏にマッジーポッパーで行ったオリジナルケースが釣っても釣れなくてももらえるキャンペーン

今回もやってます。

 

期間は10月末まで

 

詳細はHPをチェック!!

www.vivanet.co.jp

 

 

 

さーて、私も百戦錬磨目指して釣り行きますかね

 

 

コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #11B キンクロ

コーモラン(CORMORAN) ルアー マッジーバイブダッシュ #11B キンクロ

 

 

大好きネコリグ~ネコリグに推奨したい一品たち 小物編~

さて、前回の続き、今度はフック、シンカー等の小物編です。

 

張り切ってどうぞ!!

 

前回のお話

 

 

www.bassbondon.com

 

 

 

 

 

フック編

 

フックは基本的にはマス針を使います。

世の中に色々なマス針がありますが、お勧めをご紹介します。

 

デコイ/ボディガード

 

f:id:bondon:20180916181554j:image

 

デコイのボディガードです。私はこのタイプのガードが好きなので基本マス針はデコイのこのシリーズ、なければデコイショットガードかノガレスのモスキートシリーズを使います。

何故かボディガード売ってないんだよな…。

ゲイブ幅が広いのでボディガードを好んで使っていますが、デコイのショットガードも同じガードタイプでフックの形状違いであるのでそちらもおススメ。

 

デコイってちょっと安いんだよな…。だから好き笑

 

基本ガード無しは使いません。この手のガードで根がかりも優しくほぐしてあげれば大体回避できますし、フッキングも困ったことはありません。

 

この手のガードの難点を挙げるとすれば、ライン結ぶときにたまに巻き込む笑

そして、それなりのサイズと格闘した後ワイヤーが元に戻せないくらいグニョングニョンになってる。ってところです笑

 

4.5inクラスには4番、5.5inクラスには2番、6in以上には1/0を使用することが多いです。

※ワームによりけりですが

 

カツイチ(KATSUICHI) デコイ ワーム107 ボディーガード 4

カツイチ(KATSUICHI) デコイ ワーム107 ボディーガード 4

 

 

 

デコイ/NKフック

 

スナッグレス用にはデコイのNKフックを使います。

 

 

www.bassbondon.com

 

スナッグレス(針先を完全に隠してよりカバーに特化した)で使用するものとしてよく使われているのがスナッグレスネコの第一人者川村光大郎のFINAのN.S.Sフックだと思います。でも個人的にあのフックセットだと針先が少し出やすいのであまり好きになれませんでした。

 

このフックだとオフセットフックをセットした時のようにボディにピタッと寄り添って針先だけ中に入れてしまえばもうスルスル抜けてきます。

 

ただ、一つ弱点が、、、

線径がN.S.Sに比べて細い!だから対ヘビーカバー性能はN.S.Sの方が上と言わざるを得ない…。デコイさんNKフックヘビーお待ちしております。

 

そしてもう一個、ネコリグオフセットなるものもノガレスから出てますが、個人的にフックセットがややこしい笑←ただの怠慢

 

ですのでNKフックをお勧めします。

 

スマイルワームマミー、MJクローラーには3番を使用しています。

 

 

DECOY(デコイ) NKフック WORM128 827604 #5

DECOY(デコイ) NKフック WORM128 827604 #5

 

 

 

シンカー編

 

今度はネイルシンカー

基本的に各社抜けにくいように工夫しているしタングステンなら大差ないので安いのでOK笑

 

自分は基本を1.3gに置いて、深さ、カレント、リアクション狙いか否か等で0.9g、1.3g、1.8g、2.5gを使い分けます。

ごくまれに0.6gも

 

まとめたものはこちら↓

 

 

www.bassbondon.com

 

私はこの中でレインのタングステンシンカーとフィッシュアローのタングステンシンカーを使い分けています。

ワームにもよるのかもしれませんが、今のところすっぽ抜けてシンカーだけ飛んでったことはありません。

 

フィッシュアローとレインを比べると、フィッシュアローの方が若干太短いのでMJクローラーに使う時はフィッシュアローの方を使用することが多いです。

MJクローラーに限定すると1.8gとかのレインの物だと頭すぐのくびれまでシンカーが到達するのでくびれを固定しちゃうんですよね…

 

ま、消耗品なので安いもので笑

 

 

補助用品

みなさんはネコリグに身切れ防止リング付けますか?

 

重いロングワームなどを使う方は結構つけると思いますが、遠投すると結構身切れするので私は使用しています。

 

現在使用しているのはG7のワームプロテクトチューブのリング幅が細い方

 

 

 

透明なので使ってるのですが、、よー考えたらホムセン等で手に入るんじゃないかと今書きながら思ってます笑

今度見に行ってきます。

 

スマイルワームマミーには5mmがちょうどいいです。

 

透明なOリングあったら、、サワムラのネコリグセッター買って…わくわく笑

 

 

てな感じで実際使用した上でのお勧め品たちです。

 

みなさんも参考にしてみてください。

 

ばーい( ´Д`)ノ~

大好きネコリグ~ネコリグに推奨したい一品たち ワーム編~

みなさんこんにちは。

 

テキサス、ビフテキ、直リグ、ダウンショット、フリリグ、ヘビキャロ、ライトキャロ、ネコ、ノーシンカー、ワッキー、インチワッキー、ジグヘッド、スプリットショット等々

 

世には様々なリグがあふれ、それぞれにメリットがあり、その多くを使い分けている人たちがいます。

 

でも、皆さん好きなリグってありますよね?

 

私はネコリグが大好きです。(=^・・^=)

 

根こそぎ釣り上げるリグ。

 

ええやん…笑

 

そんなネコリグについて語ります。

 

後編(小物編)

 

www.bassbondon.com

 

 

 

 

 

ネコリグ

 

f:id:bondon:20180914084900j:image

 

ネコリグとは、基本的にはストレートワーム(違うワームもあるけど)の頭にネイルシンカーを差し込み、その真ん中にマス針等を刺して使うリグで良く釣れることから多くの愛好者がいると思います。

 

私もその一人で、

根がかりにくい

ボトムを察知しやすい

スイミングもイケる

 

と割と万能なのでついつい頼りがち。。

 

そんなネコリグにお勧めの物をご紹介します。

 

ワーム

まず、ワーム

 

世には色んなワームがあり、そのそれぞれに特徴があります。

 

自分的選択基準

私はフィールドに着いた時、まず5.5inを基準にし、強いなと思ったらサイズを4.5inに下げ、弱いなと思ったら6-7inくらいまで上げていきます。

 

カラーで言うとまず、スカッパノン(コーラやダークレッドと言う会社もある)これを基準とし、クリアなところや色が強すぎると感じた場合グリパン系に替え、濁りがきついときはブラック(ソリッドカラーで光を透過しないもの)やパープル系に替えます。

後は特殊条件でベイトに合わせてワカサギ系やドバミミズなんかを使う時もあります。

 

おススメワーム

ストレートワームが好きで結構色々なものを使ってみました。

そんな中で自信を持っておススメできるものをいくつか

 

※マイナーメーカーに偏っているのはマイナーメーカーが好きだからです笑

けどメジャーなところも恐らく全部使ってきましたから、それをもったうえでのおススメですよ笑

 

NOIKE/スマイルワームマミー

 

f:id:bondon:20180914084920j:image

 

淀川を本拠とする関西ではみんな知ってるNOIKE(多分)

NOIKEのストレートワームとしてスマイルワームシリーズがあり、小さいほうから85mmのベビー、95mmのオリジナル、115mmのダディ、135mmのマミーがあり、私はマミーを愛用しています。

 

とにかく釣れるし安いので本当にお勧め。

特にマッディグレープカラーは所有する全ワームの中で一番好きです。愛してます。

 

 ↓マッディグレープ売ってなかったので2番目に好きなダークレッドです。

 

 

TRINTY/MJクローラー

 

f:id:bondon:20180914084943j:image

 

今度は霞のメーカーです。

発売した時に、その意匠が気になり購入したのですが、その動きを見て即1軍入りしました。

 

f:id:bondon:20180914084956j:image

 

テールがハサミにも魚のしっぽにも見える形をしており、鉢巻を境に逆向きに配置されたリブ、ヘッドのくびれ、諸々その形からも拘りがすごい伝わってきます。

 

現在、4.5inしかラインナップがありません(もうすぐ5.8in出ます)

しかし、その動きや色々な使用用途に対応できるように塩3%配合の超フィネスタイプ30%配合の超高比重タイプがあり、私は現在超フィネスタイプを愛用しています。

超フィネスタイプはノーシンカーワッキーだと軽すぎてフォールで動きませんがインチワッキーにしたらいい動きしますし、ネコの場合ボトムで倒れ込むのがものすっごいゆっくりです。っていうか立ちます。

 

また写真を見ていただいたら分かるかと思いますがカラーによって魚介系カラーは魚介フレーバー、甲殻類カラーは甲殻類カラー、海老系カラーは海老フレーバー、ドバミミズカラーの「俺のDOBA」にはドバミミズフレーバーが配合されており、俺のDOBAが結構お気に入りです笑

 

 

 

 

その他最近ちょいちょい使ってるやつ

その他、このサイズ帯で最近気に入ってちょくちょく使っているのがコレ

 

f:id:bondon:20180914085153j:plain

 

日本でも数量限定で発売されましたが、バークレイのマックスセントシリーズ

ヒットワームは4.5inながらバルキーなボディで自重もあるので使いやすいですし何より臭い。マックスセント言うだけあってすごい。

独特なスポンジっぽい素材で押すと中からじわぁーっと臭い汁が湧き出てくる。。

不思議笑

 

ちなみに私は友人がアメリカに旅行に行った際にお土産で日本未発売のマックスセントシリーズも含めてお願いしました。

人気なのであんまり見かけないですね。

 

 

大きいの

正直上の2つしかほとんど使わないです笑

途中まで使って余ってるストレートワームたちが山のようにあるのですが、だれか貰ってやってはくれませんでしょうか笑

 

そんな中、6in以上のワームとして、ボウワームやレイン、ZBCのマグナムスワンプ等を使ってきましたが、今回敢えて紹介するのは

 

ジークラック/ヤーマンスティック

 

f:id:bondon:20180914085055j:image

 

私のブログにはちょくちょく登場するメーカーですが、今度は中部地方のメーカーですね。中部地方、岐阜県のメーカーなので、中部のメジャーリバー(五三、大江、長良)や琵琶湖をメインに捉えてルアーを作っているメーカーです。

 

その中からヤーマンスティック!

6、8、12inとありますが、使いやすいのは6inです。

 

f:id:bondon:20180914085125j:image

 

全体にしっかりリブが入っていて、水噛みが良くて、長いんですがテールの方に向かって段々細くなっていくのでシェイクした時もテールの先までしっかり動きよるのがたまらんっス。

そして、ジークラックのS.A.Fマテリアル。

他のメーカーのフレーバー入りとはまた違う臭いなんですが、個人的にこのS.A.Fマテリアルめっちゃ気に入ってます。よー釣れる。

 

最近リキッドタイプのS.A.Fフォーミュラーも出ましたね。勿論買いました。

 

実は上の二つに比べるとまだまだ使い込みが甘いのでどんどん使っていきたいと思っています。

 

 

 

勿論、この人たちも使います。

安いし、釣れるし。

特にZBC入力の方がめっちゃ入ってるのに安く手に入るのでお気に入りです。

困る点は無くならないくらいですか笑

 

f:id:bondon:20180914085140j:image

 

レインはクリアカラーあるのはいいんだけど、スカッパノンが色薄くてあんま好みのスカッパノンじゃないんだよな…… 

 

その他色んなストレートワームたち(過去記事)

過去にまとめたことがあるのでそこから好きなやつ見つけてくれてもOK!!

 

 

www.bassbondon.com

 

 

 

長くなったので小物系は次回に…。。

 

 

www.bassbondon.com

 

9/11 夜 雨の琵琶湖~雨なんて聞いてないからメッシュの靴で行ったけど!?怒~

みなさんこんにちは。

 

一気に気温が下がり、夜の釣りはもう半袖無理ですね。寒い。

 

そんな中、嫁さんの見事な子守歌「チューリップ」により一瞬で2歳児が夢の中に誘われたため急遽釣りに行かせてもらう事に。

 

西岸の様子を見たかったので西岸からエントリーすることになるのだが、果たして!!

 

 

 

 

状況

台風21号の影響が抜けきらないまま週末から月曜日にかけて雨が続き、放水量も300tから全開へと推移。

 

水温も気温も一気に下がり、水も大きく動いて一気に季節が進行している様子。

 

ウィードはと言うと台風21号で大方飛ばされてしまい、南東の風の風裏になっていた東岸の岸際に残っているのがほとんどで、西岸はほぼ壊滅。少しだけ残っているところもあるようですが(どこかは知らん。におの浜?)東岸をやるのがベターな状況。

 

当日はと言うと、夜には雨の予報ではなかったと思うのですが、しとしとと雨が降り続き、時折強くもなりつつ、ただ、細かい雨粒で冷たい雨ではなかったので状況としては有利に働きそう

 

そんな期待と不安が入り混じったスタートでした。。。

 

におの浜

 

22時過ぎ到着。

今日のタイムリミットは1時。

 

余計なことをしている時間は無いが、西岸の状況を見たかったのとにおの浜なら刺している奴やウィードの残りもあるんじゃないかと思いエントリー

 

もう秋だ。

 

ルアーはDUO/レアリスバイブ52

 

f:id:bondon:20180912074338j:plain

 

レイドのレベルバイブとも似ていると言われることが多いですがこっちの方が薄いです。

 

更にDUO製品は自社製作という事も相まって他社ルアーより500円くらい安いので結構重宝してたり。。。

 

このレアリスバイブレーション52はお気に入りの1つです。

 

基本的にオカッパラーなので根がかり大嫌いな私。(みんな嫌いか)

テンポも悪くなるしお金もかかる笑

 

なのでバイブレーションは基本的にはフロントダブル仕様で使います。

根がかり率格段に下がります。

 

これをウィード調査も兼ねて遠投。底に着くまで待ってゆっくりあまり浮き上がらないようにトレース

 

ない。

ウィードが全然ない。

 

足元にちょろっとあるだけでウィードホンマにどっかいってるやん。

 

てことで移動しながらあっちゃこっちゃ投げまくってちょっとでもウィード拾ったところだけは数回トレース。

 

そして雨が強くなる。。

 

ココじゃない!!

 

一気に移動を決めた23時過ぎ。

 

 

東岸 木の浜1号水路前本湖側

 

一気に移動し、目指す先はもう決めてたので脇目も振らず一心に向かった先は土曜日にウィードを確認していた場所。

 

そして土曜日はボートとオカッパラーで入れなかったけど夜なら絶対ボートいないしイケると思い到着。

 

先行者0

 

貰ったな。。。フフフ

 

 

と思いながら先日より導入し、以前強度など気になりつつ使い込もうと思っているスピニング(ピットブル8の0.6号に6lbリーダー組んでゲーリーノット)で1.8gのネコ

 

ワームは大好きNOIKE/スマイルワームマミーのマッディグレープ

 

本当は濁り考慮して7inくらいのワームでベイトで遠投したかったけどスピニング使いたかったから笑

 

ウィードはシェイクしながらほぐしながら抜けたらまた落とす。

 

を繰り返していると数投目

 

コンッ!と小気味良くバイトがあった後にぐぅーーっと絞り込むようなバイトがあったのでフッキングバチコン!!

 

サラサラーっと軽々上がってきたのは本湖のスーパービッグ

 

f:id:bondon:20180912074354j:plain

 

20cmくらいのビッグワン。

 

気を取り直して続行笑

 

傷ついたラインをしっかりチェックして結びなおして再度投入~

 

1投ずつ少しずつ位置を変えていき、引っ掛かりが多い(ウィードが多い)ところだけは数投しながらチェック移動していくと本湖に1本せり出している大きな木の下にウィードが漂着して溜まっているのを発見。(暗いから近づくまで分からんのです。)

 

目を凝らすと水面に遠くの方までたまっていてその境目が何となく見える。

 

ってことでその境目沿いにキャスト~~

 

着水後少しラインがもっさりウィードに掛かったのでトレースコースを自分のポジションを変えて調整

 

で、アクションをつけようと思うと既に重い。

 

底までウィードジャングルか、、と思い外そうとするにも何か違和感があったのでスイープにフッキングをするとドラグジージー!!

 

サイズ良く分からんけど取り敢えず魚!!

 

そしてウィードにすぐまかれた!!笑

 

ここから体感にして10分

実際は多分2-3分

外れなーい

でも魚はついてるー

 

ドラグちょっと締めて引っ張るー

 

外れなーい

でも魚はついてるー

 

逆に緩めて走らせ、、走らなーい

 

を繰り返し、どうしても出てこないので諦めて切るつもりでメインラインをしっかり袖に巻き付けてロックし、まーっすぐ引っ張ると

 

ぬわん

 

っと外れたーー!!

 

驚きを隠せないまま必死にランディング体勢に入るため堤防みたいになってるところを飛び下り、長靴持って来てるのに履いていないのでメッシュシューズのまま水たまりになってる足場へジャバン!!笑

 

必死のパッチでランディングして、、

 

f:id:bondon:20180912074348j:plain

 

インカメラで夜だから画質イマイチだけど51cmドン!!

 

めっちゃ疲れた笑

 

しかし、ゲーリーノット。。

簡単やのに切れる時は絶対リーダーから切れてるしかなりいい感じに強度出てるんじゃないかな。調べてみたい…

 

ここ1年くらいはスピニングをPEで扱うことが多く遠投性能や単純な強さなどそのメリットを存分に味わってきたが、また一つPEへの信頼度が増した格好になったな…。

 

そして濁り時のマッディグレープ

ホンマに最強やと思う。。

 

これから巻きでもどんどん釣れてくるシーズン。

魚を探すのは大変だけど楽しい釣りになるからわくわくしますね♪♪

 

 

シマノ リール 16 ナスキー C2000HGS

シマノ リール 16 ナスキー C2000HGS

 

 

 

シマノ スピニングロッド ゾディアス TECHNICAL SPIN 64 SERIES バス 264L 6.4フィート

シマノ スピニングロッド ゾディアス TECHNICAL SPIN 64 SERIES バス 264L 6.4フィート

 

 

 

 

 

 

 

9/8 雨⇒曇の琵琶湖釣行~結構降ってたのに人多すぎ、バカしかいない釣り人の性~

みなさんこんにちは。

 

まだまだ台風で被害を受けたものが多すぎて復旧には時間がかかりそうですね。

 

幸い自身の家や家族は何ともなかったのですが、信号は困りますね…。

明後日の方向向いちゃって青なのか、赤なのか…分からん場所が多い。

 

事故が無けりゃいいですが。。。

 

 

さて、土曜日。雨予報とは知っていながら琵琶湖に突撃してきました。

 

粉砕していなければいいのですが、、

 

 

 

 

状況

台風21号が通過し、各所に壊滅的な被害をもたらした今週。

雨も降り気温水温も一気に下がり、一気に変化が見えてくる琵琶湖。

 

ボートでは台風でウィードがほとんど飛んでしまい、風裏になった東岸のシャローエリアに少し残っている程度でしょうか。。。

 

水質は場所にもよりますが、基本田んぼが絡む水路はカフェオレ、本湖も南に行けば行くほど濁りがきつい状況ですが、北湖からきれいな水が入ってくるので北から順にクリアアップしていく、その途中と言った感じでした。

 

朝一

朝6時頃琵琶湖に着。

まだ薄暗く、雨もきつめだったのでひとまず朝ごはん笑

 

https://www.instagram.com/p/BncKKixhofN/

まずは腹ごしらえから#雨#琵琶湖#シーフードヌードル

 

シーフードヌードルを食べながら今日は苦手(嫌い)な本湖遠投エイヤーな釣りをするぞーーと誓い、狙っていた木の浜1号水路の本湖側へ車を走らす。

 

 

いざ着くと、ボート、ボート&ボート

オカッパリからも届くエリアにボートだらけ

 

やはり考えることは同じ笑

 

諦めて再度場所探しのドライブ。

 

すぐ近くで人がいなかったので2号水路の一番奥でひとまず投げてみることにしました。

 

まずは少し前に安売りしていたので3パック買ってから結構気に入っているエバーグリーンのシャッドテール、ヘッドシェイカー

 

その名の通り、お尻だけでなく頭もしっかり振り、側面もフラットで水をしっかり押すのでアピールも強め。

最近で言うとレイドのフルスイングが似たような動きでしょうか?

使ったことないけど笑

 

今回はそれにアピールを足すために半年くらい?前に買ってから一度も試してなかったエコギアのブレードスピンをプラス。

 

f:id:bondon:20180910093114j:image

動きが破綻したりアクションが変わったらやめようと思いましたが、しっかりヘッドシェイカーの動きを維持したままブレードのアピールアップをしてくれたので

 

コレ、、めっちゃええやん

 

と思いながらキャスト開始。

 

ZAPPUさんで小さいのでブレディ、大きいのでブレーディングパイルドライバーがありますが、大きいほうで1本300円………

セレブか!!ってな感じです笑

 

ブレードスピンは2個入りで400円くらいなのでそれを好きなフックと合わせると汎用性も高くて安くつきます。

 

 

エコギア ブレードスピン(ラウンド) シルバー 3765

エコギア ブレードスピン(ラウンド) シルバー 3765

 

 

ま、何も無く移動。

 

その後、本湖のシャローをスピナベ、台風で溜まったゴミや流されたウィードをジカリグで撃ちながら転々としますがNo!

 

困った笑

 

悩みながらとりあえずいつもの内湖の様子を見に行くことに

 

いつもの内湖

 

いつもの内湖へ様子を見に行くとやはり増水。

 

しかもいつもやるポイント数か所に全て先行者アリ。

 

こんなこと初めて笑

 

ま、気を取り直して繋がっているもう一つの内湖へ行きサッとヘッドシェイカーでシャローを流した後水路へ。

 

川幅3m-4mくらいの水路ですが、橋の上から見たところ両岸に魚は見えないので一番深い(といってもそんなに深くはない)真ん中をネコリグで少し早めに動かしながらチェック。

 

濁り、ネコリグ

 

そう。ワームはもちろん濁りの時の自分の中での大定番

NOIKE/スマイルワームマミー #マッディグレープ

 

これの1.3gネコでひょこひょこ

 

圧倒的な量のギルバイトを無視しながら友人にLINEを返しながら片手でシェイクしながらハンドル回してると

 

ぐぅーーっと重くなる。

 

携帯をサッとポケットに突っ込みフッキングをかまし、バスだと確信しながらのファイティングスタート!!

 

であっさり上がってきたのが

 

https://www.instagram.com/p/BncjpoOhXhw/

なんとかボウズ逃れ笑#チャイチール#琵琶湖#NOIKE#スマイルワームマミー#1.3gネコ#マッディグレープほんま釣れる

 

そんなに大きくは無いがま、取り敢えず一安心笑

 

その後ワームを替え、しばらくやるもギルがバスに変わることなく移動

 

昼食を取りながら昼からどうしようかなんて考え、結局朝一入れなかった木の浜にin

 

あまり好きではないフリリグやテキサスを遠投しウィードに絡める釣りをやるも1時間を待たずに飽きて移動笑

 

どこに行っても人だらけなので人がいない小場所を転々としながら小移動を繰り返すも反応はギルのみ。。。

 

そこでスピニングに新しいPEを巻いたのを思い出したのでそれを試そうと思い再び内湖へ。

 

シマノ/ピットブル8とゲーリーノット

 

今回は初めて導入したシマノのピットブル8

ご察しのとおり8本撚りのシマノの比較的新しいハイコストパフォーマンスPEラインシリーズです。

ピットブル自体は4、8、12本撚りがあり価格も比例して上がっていきます。

 

で使用感は

 

イイ!

 

今までフロロはシーガーのフロロマイスターかフロロリミテッド、ナイロンはバークレーのトライリーンZをメインに使ってきました。

PEだけは迷走に迷走を重ね、太いフロッグ等に使うのは正直なんでもいいかな…と思いながらその都度気になる奴を買ってるのですが、ライトラインはDUEL、よつあみ、メジャクラ、サンライン、等色々使い、高比重もシマノのセフィアG5、よつあみのオードラゴン、前2つほどではないが高比重のDUELアーマードF+など使用してきて、自分の中でのPEの好みがはっきりしてきた中でのピットブル8

 

ちょうどええ

 

しなやかさもコーティングの感じも好きな感じ。

リーダーにカーボナイロンの6lbを2m弱組んで使用しましたが、しばらくはこのシステムで行きます。かなり気に入った。

 

そしてリーダーとの結束

 

以前まではノーネームノットを使用しておりこれに不満はなかったのですが今回新たにゲーリーノットなるものを使用してみました。

 

これもイイ!

 

ノーネームも難しいほうではないですがそれよりだいぶ簡単で結び目も小さくガイド抜けも申し分なし。

 

www.fisharrow.co.jp

 

結び方は上をチェック

 

自分はこれをとりあえず10回巻きにして使ってます。

 

根がかりした時にリーダーの途中からバチンと切れてくれたので取り敢えず実釣十分な強度は確保しているのかなと思っています。

 

 

その後しばらくギルバイトがバスに変わらないか待っていましたが変わることなく14時過ぎに納竿の運びとなりました。

 

帰ってからフックやワームをおかっぱりバッグに補充し、次はどこ行こうか考えると、もう釣りに行きたくてしょうがないお馬鹿さんなわたしでした。

 

ちゃんちゃん♪

 

 

今回の釣れたタックル

 

ロッド:アングラーズリパブリック/パームスエルアモーラ MSGC-67LXF

リール:12アルデバランBFX XG LEFT アベイルマイクロキャストスプール&マグブレーキ仕様

ライン:DUEL/ハードコア クイックショットCN8lb(カーボナイロン素材)

フック:デコイ/ショットガード #2(ボディガードが良かったんですが売ってなかったからショットガード笑)

シンカー:レイン/TGネイルシンカー1.3g

ワーム:NOIKE/スマイルワームマミー #マッディグレープ